ホーム
このサイトについて
サイトマップ


GARDEN NOW


メルボルン郊外の我家の庭をリアルタイムでお伝えしていくコーナーです。
その時節に咲いた花や収穫野菜などのリポートを通して、南半球の季節感を少しでも味わっていただければ幸いです。
オーガニック関連、サステイナビリティー関連のトピックスをお届けする時もあります。
平日のリポートと写真の多くは家にいる相棒の助けを借りています。


2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナヘビの赤ちゃん


相棒が家の玄関前でクモの巣に引っかかって身動きできなくなっていたカナヘビ(skink)の赤ちゃんを発見、救助しました。
かなへび赤ちゃん1
それにしてもカナヘビまで捕えてしまうクモの糸ってすごい。たしかにこのカナヘビの赤ちゃんは体長3センチくらいで、トンボや蝶よりも小さいくらいですから動けなくなるのもわかります。
かなへび赤ちゃん2
クモの糸を取り除いて救助したカナヘビの赤ちゃんは尻尾の先端が切れて短くなっていましたが、元気に逃げて行きました。
ちなみに成体になると下の写真のようになります。
カナヘビ成体
相棒は先日もカナヘビの別の赤ちゃんを見たそうで明らかに我が家の庭で繁殖している模様。今度はぜひ卵とか孵化するところとか見てみたいものです。

トカゲガーデンの来客



毎月最終土曜日はコミュニティーガーデンの共同作業日(Working Bee)です。メンバーで芝刈りや雑草抜きをしていると、誰かが「トカゲガーデン」の木を見上げて珍客が来ているのに気付きました。
Groundswell Community Garden 3

なんと木の上にいたのはTawny Frogmouth (オーストラリアガマグチヨタカ)。しかも4羽も揃って!
さっそく携帯を取り出して写真を撮ったのですが、ピンぼけになってしまったので、夕方に一眼レフを持参して再度来てみたら幸いまだ同じ場所にいました。ちょうど夕日が背景になってしまい最悪の条件でしたが根性で撮りました。
ヨタカ2

ガマグチヨタカ達はまだ眠りから完全に醒めていない状態でほとんど動きませんでしたが、そのうちの一羽はあくびをしたり、
ヨタカ4

私達を警戒してこちらをにらみながらヒーッと低音で鳴いて威嚇したり、
ヨタカ

羽を伸ばしてそろそろ起きる準備をしたりと一番シャッターチャンスを作ってくれました。
ヨタカ5

他の三羽はまだひたすら眠そうでした。
ヨタカ3

前回の作業日ではカナヘビが棲息しているのを発見していたので、エサに惹かれてガマグチヨタカが来るようになったのでしょう。名前に違わぬ「トカゲガーデン」の豊かさに感動したのでした。


2年間のまとめ


この二年間、余裕がなくてブログをほとんど更新できないうちに2011年になってしまいました。まずはこの間の出来事(というかほとんど更新できなかった言い訳)を以下にまとめたいと思います。こうやって振り返ってみるとガーデニング厄年って感じですが、残しておきたいエピソードや写真もあるのでこれについては追々遡って更新したいと思います。

この間、ブログを見に来て下さった皆様には期待はずれで申し訳ありませんでしたが、今後とも宜しくお願いいたします。去年はトンネルの出口の光が見え始め、最近はやっとトンネルを抜け出た感じになってきましたので今年はもう少し有益な情報をアップできるように頑張りたいと思います。


2009年

■2009年は年初から厳しい熱波、そして史上最悪のブッシュファイヤーに見舞われました。春先に里帰りして夏野菜の準備はほとんどしていなかったので早々に諦めて菜園は秋まで放置していました。

■ ブッシュファイヤーで友達の安否を心配している矢先に家に空き巣が入り、コンピューターと相棒の商売道具を盗まれました。ブログ更新用に撮りためていた写真を含め、バックアップしていなかった3ヶ月分のデータを損失。コンピュータを新調しデータ復旧と新しいソフトに馴れるのに手こずりました。

■泥棒対策に相棒が講じた処置により、裏玄関から裏庭へ出たり前庭と裏庭を行き来するのが非常に不便になり、ストレスがたまりました。しかし最大のストレスはボランティアで育成していたユーカリの苗が病気にかかって次から次へと枯れていったこと。責任感に苛まれ、ついにストレス過多でアトピー性皮膚炎が全開、ガーデニングするのがますます不自由になってしまいました。

■職場の方も世界金融危機の影響で厳しい状況に。6月末をもって多くの馴染みの同僚達が希望退職により職場を去っていきました。居残った私はプチ鬱状態、慢性疲労に悩まされ職場での8時間の他にコンピュータに長時間向かうのがだんだん苦痛に。

■8月末-9月初旬の里帰りで高山、白川郷、上高地を訪れ束の間の息抜き。しかし東京入りしてすぐに気管支炎のような症状がでてきてオーストラリアに戻ってから2ヶ月近くたっても完治せず。熱が出て何日も寝込むことはなかったので豚フルだったのか百日咳だったのか真相はわからずじまいです。とりあえずこの間は人づきあいを自粛してました。

■熱波と干ばつで夏野菜や果実のパフォーマンスが悪かった中でマスカットだけは最高の出来でした。秋、冬は順調に雨量が増えて野菜の中ではニンジンが良い出来でした。

2010年

■1月に歯のベニヤ施術、6月にレーシックによる近視矯正手術、8月には右膝の半月板バケツ柄状断裂を切除する関節鏡手術を受け、まさに体のメンテナンスの年とも呼べる一年でした。レーシック手術後はガーデニング後によく悪化していた眼鏡と接触する部分の肌アレルギーが改善し、膝の手術後はしゃがんで雑草抜きするのも容易になりました。

■3月の記録的な暴風雨&大洪水は節水規制緩和のきっかけとなりました。厳しい規制のステージ3a が4月にステージ3に、そして9月には4年ぶりにステージ2まで緩和されました。これにより週二日早朝の2時間に制限されていた水やりが、隔日の早朝および夜間の各2時間可能となりました。排水再利用などで節水がすっかり習慣化したのでこれからも気を緩めずに節水に務めたいと思います。

■雨に恵まれたおかげで山の幸をぞんぶんに楽しめる味覚の秋となりました。栗拾いでは何年かぶりに大きな栗が穫れ、きのこ狩りにも開眼しました。庭ではリリピリーがたわわに実り、夏にはきゅうり、冬にはカリフラワーとリークが良い出来でした。

■4月に地元の市が主催したコミュニティーガーデンワークショップ参加をきっかけに、近所のコミュニティーガーデンに入会。地元グループが定期開催する種苗交換会にも参加して地元での横のつながりが出来ました。

■5月に福原成雄大阪芸術大教授による造園講座を受講する機会がありました。11月下旬には紅葉が見頃の京都で大河内山荘など素晴らしい庭園を鑑賞しました。我が家の庭にもいつか日本庭園のエッセンスをさりげなく取り入れられたら良いなあと思います。

■11月中旬の日本出張に向けての3ヶ月間は仕事に忙殺されました。週末返上、残業して会社で夕食が半ば常態化し、最後の1ヶ月は120ドルかかるタクシー帰宅も10回を超えるほどに(もちろん会社持ちです)。エコなシンプル生活を送る理想とは逆行する現実に悩みつつも夜遅く一時間半かけて電車で帰宅する危険を侵す根性も体力もありませんでした。この間ノロウィルスのようなウィルス性胃腸炎にかかって一晩中下痢嘔吐にもがいたり、体がガチガチになって日本出張間際に指圧に駆け込んだりもしましたが、無事に大役を果たした後の充足感はなにものにも代え難いものでした。しかし、あのプレッシャーは二度と味わいたくないというのが本音です。

■そんな仕事のプレッシャーが高まっていた9月中旬、二年にわたってボランティアで育てて来たユーカリの苗をやっと植林地に植え付けることができ、肩の荷がひとつ下りました。長くて遠い道のりでした。




にんにく収穫


今シーズンは順調な雨のせいかネギ類の生育がよく、冬場は太いリークが穫れたし夏場はにんにくが良い状態で穫れました。逆にロシアンガーリックとタマネギは太くなり過ぎちゃってトウが立ってしまいましたが・・・

左側がにんにく(もう混じってわけわかんなくなってますが、オ-ストラリアやフランスの数品種)、右側がシャロットです。
garlic2011

手前で花をつけているのは、食用百合根になるコオニユリ(Lilium leichtlinii var. maximowiczii)です。こちらではなかなか入手困難で希少種専門店から通信販売で購入しました。高かったので購入した球根は一個だけ。殖やしていけるといいんですが・・・

明けましてネズミ捕り逃し



2011年はタマラのネズミ捕りで始まりました・・・

相棒が手伝ってるつもりで邪魔してますから...

ユーカリ苗の植林


2008年末から始めたユーカリ苗の育成ボランティアは、災難続きでした。

まず発芽率がすこぶる悪く、300本のチューブのうち発芽したのは半分程度。発芽のタイミングもかなりばらつきがありました。

早い苗で本子葉が2、3枚出て来た頃に、45度の熱波到来。予報を聞いてからすぐに日よけネットをかけ水やりも朝、晩二回行うなど万全の対策をたてました。この段階では苗を失うことはなかったのですが、ネット&水分で通気がかなり悪くなってしまいました。

ネットをとりはずすと下の写真のように多くの苗が病気に冒されていました。

eucalyptus_oblique1

病気に冒されていない苗を隔離して蔓延しないように試みたものの次から次へとへたれ苗が増えて行きました。Tree Projectの方にサンプルを見せてアドバイスを請いましたが、これといった効果のある措置はとれず・・。エコオイルやニームスプレーも気休めにしかならず、弱っている苗はどんどん枯れて行きみるみるうちにただでさえ少ない苗数が減って行きました。

eucalyptus_oblique2

2009年6月に一回目の植林があったのですが、私がてがけた苗はとても植え付けられる状態にはなっておらず会社も休めなかったのでパスしました。葉っぱのあちこち、特に裏側が病気に冒されており、他の人が育てた苗に伝染したらどうしようという心配もありました。二回目の植林日はちょうど私が日本に里帰りする時期にぶつかってしまい、またしても機会損失。里帰り前になんとか苗を受け渡したいと思ったものの調整がつかず、結局義母に留守中のケアを頼むことになりました。
eucalyptus_oblique4

二回の植林機会を逃した段階で既に配布されたチューブでは根詰まり気味になっていたので大きめのチューブに植え替えする必要がありました。手持ちのチューブでは足りず、牛乳パックを利用して植え替えを行いました。病気は冬場は減少しましたが、暖かくなるとまたぶり返してきました。更に何本か苗を失ったものの、生き残った苗の生命力はたくましく春先には60センチくらいの高さまで育ちました。

eucalyptus_oblique3


2010年9月18日(土)についに植林にこぎ着けました。植林地はRed HillにあるEndeavour Fern Gully保護区(グーグルマップで見るとここです。)この日は2010年の第二回植林のフォローアップとして4名の高齢ボランティアの方が集いました。3週間前に学童達が植え付けたユーカリ苗のうち枯れてしまったものを私が持参した苗と差し替えていきました。

treeplanting1

霧雨の降る中、午前中に約30本のユーカリ苗を無事に植え付け完了。固い大地をつるはしでくだき穴を掘って苗を植え付ける作業はかなりの体力を消耗し、苗があまり多くなくて良かったと思ったほどでした。本来は300本育てる予定だったユーカリ苗が結局10分の1の30本しか育たなかったという現実は、なかなか受け入れがたいものでしたが、発芽率が悪かったのは他のボランティアにも共通しており、極めて運の悪い年にあたってしまったのも事実。実際に植林用の苗育成にかかわってみて、その難しさを認識することに意義があったのかもしれません。

treeplanting2


30本の苗のうちの何本かは植林地で枯れてしまうことでしょうが、1本でも2本でも大地にしっかり根付いて大木に育ってくれたらと思います。それを確認できる日がいつか来ますように。


ブラシカ類のお手軽栽培


今年の冬はブロッコリやミニカリフラワーの出来がすこぶる良いです。秋からコンスタントに降る雨のおかげで水やりしなくても順調に花蕾が大きくなっています。
broccoli10

実はこのブロッコリカリフラワーは究極の手抜き方法で育てたもの。
califlower10

根元を見ていただければわかると思いますが、実はこれ、去年収穫したブロッコリカリフラワーの脇芽から育ったものなんです。花蕾を収穫した後に根元だけ残しておくと次のシーズンに根元から脇芽がでてくるんです。
broccoli2_10

クローズアップするとこんな感じ。
broccoli3_10

土の中から出てくる脇芽はある程度しっかりしてきた頃に株分けの要領でばらして植え付けてやるとちゃんと立派なブロッコリカリフラワーになります。
broccoli shoots

このやり方だと、野菜が一番いい時期を選んで勝手にでてきてくれるせいか病虫害も少ないし、植え替えも一回だけでいいので、家庭菜園やってるけど忙しい人にお勧めです。

コミュニティーガーデン入会


先月コミュニティーガーデンワークショップに参加した時にコンタクトができたので、皆が集まって一緒に仕事をする毎月最終土曜日にあたる昨日近所のコミュニティガーデンを訪れてきました。私が行った時には二人来ていて、そのうち一人また一人と来て8人のメンバーと知り合うことができました。私が入会したGroundswell Community Gardenは約一年半前に設立された比較的新しいコミュニティガーデンで、家から車で3分、徒歩なら15分の距離にあります。現在は11区画の畑があります。幼稚園のすぐ隣で、幼稚園専用のガーデンもあります。子供達のガーデンはお花の風車やかかしがとても愛らしく和やかな気分になります。

Groundswell Community Garden 4
こちらはバタフライガーデン。蝶々を引き寄せる植物や水場があります。
Groundswell Community Garden 5
そして、こちらはトカゲガーデン。木の下に老木を敷いてトカゲの好む環境を作っています。このコミュニティガーデンには、この他に皆の共有ガーデンや果樹園もあります。20000リットル以上の雨水タンクも設置されているし、ガーデニングツールもいろいろ揃っています。
Groundswell Community Garden 3
空きガーデンが何カ所かあり、家に庭を持っている人も利用OKということだったので2Mx2Mの一区画を割り当ててもらいました。ビニールシートとカーペットに覆われてはいたもののCouch Grassの根が一面にはびこっていました。
Groundswell Community Garden 2
さっそく翌日の今日、相棒をかり出して作業開始。この間習ったWicking Worm Bedを試してみることにしました。
Groundswell Community Garden 7
畑にはアーティチョーク、じゃがいも、ヤーコン、それにCouch Grassの根の侵入を防ぐためにレモングラスを植えました。あとでにんにくも植えようと思います。
Groundswell Community Garden 6
裏庭の畑には頻繁に収穫するものを、コミュニティガーデンには手間がかからず収穫するまで時間がかかる作物を植えて使い分けて行きたいと思います。家の近くにさらにガーデンスペースが得られたのも嬉しいですが、それ以上に嬉しいのはすぐ近所で同じ興味を持つ菜園仲間と交流できること。これからの発展が楽しみです。


きのこきのこきのこ・・・


今日は日が暮れる少し前に家から車で5分の公園にきのこがあるか見に行ってみました。先日車で通った時に女性がきのこ狩りしているのを見かけたので絶対あるとは思っていたのですが、ちょっと探すと次から次へと面白いくらい見つかりました。公園を囲む松並木の中よりもフェンスの外の歩道際にたくさん見つかりました。1ヶ月前の私なら他の歩行者と同じく全然きのこに気付かずに通り過ぎてたんだろうなあ。

さて、今回はキノコスープにしてみました。タマネギとバター炒めにして野菜コンソメに加え、炊いたモチアワのピューレを混ぜてクリーム仕立てにしました。これは大成功で相棒にも好評でした。

パインマッシュルーム4

パインマッシュルーム5

オリーブオイル+にんにく+パセリの定番レシピにもトライしましたが、期待したほどの香りは出ず。。パインマッシュルームは肉厚で食べごたえがあるけれど、香りを楽しむきのこではなさそうです。今度は素焼きの鍋での調理、乾燥、マリネなども試してみて一番合う調理法を見つけたいと思います。


きのこが地球を救う!?


ここ最近脳内がきのこモードになっております。パーマカルチャリストのメーリングリストからの受け売りですが、英語のわかる方はぜひ下のTEDの動画を再生してきのこ研究家であるPaul Stamets氏の2008年のプレゼンを聴いてみて下さい。(TEDには感動する講演動画が他にもたくさんあります)

Paul Stamets on 6 ways mushrooms can save the world



キノコ類には120以上の画期的な酵素があることがわかっていますが、その中には炭化水素の毒性を分解する酵素もあります。Stamets氏は、きのこを活用してディーゼルで汚染された道路際の土壌の芳香族炭化水素の濃度を16週間で10,000 ppm から200 ppmまで減少させたり、シロアリ駆除など化学殺虫剤の代用品としてキノコを活用したり、植物の生育アップに活用したりと様々な活用法を紹介しています。

石油流出事故があった時にはBPの危機管理チームからStamets氏のもとに相談の電話がかかってきたとか。

このプレゼンを見ているとキノコの可能性のすごさがわかります。日本でも鳥取大学や東京農業大学でキノコを用いたファイトレメディエーションの研究が行われているようです。

きのこ菌を食べたアリの体からきのこが生えてきてしまう写真をみると使いようによっては諸刃の剣にもなりそうですが、キノコの環境浄化機能はコミュニティレベルでも応用できそうなので、もっと普及が進むと良いですね。


«  | HOME |  »


まとめ

 

Weather

Search


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています

Flower Clock

Recent Entries

トゥルーフード・ガイド無料プレゼント中

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly Archive

Links

このブログをリンクに追加する

貧困をなくすための新しいライフスタイル

RSS


Tag

ユーカリ パーマカルチャー カマキリ 蜘蛛 ポッサム 植林 マスカット コミュニティーガーデン きのこ ミミズ カリフラワー バードフィーダー カナヘビ ヤーコン プラム チャイブ マードック バイオダイナミック ルバーブ 多肉植物 オリーブ 浜岡原発 東海大地震 ズッキーニ 温暖化防止 シャロット にんにく コオニユリ ヨタカ ニンジン ブロッコリ ジャカランダ ブラックバード  バラ シンビジューム ライトアップ こんにゃく アプリコット カモミール 

Blog Ranking

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。