ホーム
このサイトについて
サイトマップ


GARDEN NOW


メルボルン郊外の我家の庭をリアルタイムでお伝えしていくコーナーです。
その時節に咲いた花や収穫野菜などのリポートを通して、南半球の季節感を少しでも味わっていただければ幸いです。
オーガニック関連、サステイナビリティー関連のトピックスをお届けする時もあります。
平日のリポートと写真の多くは家にいる相棒の助けを借りています。


2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエルの王子様



前庭のフェンスの朽ちかけた部分を取り替えるため相棒がスコップで穴を掘っていたところ、なんと大きなカエルを掘り起こしてしまいました。「うちの庭にもカエルがいるといいよねー、おたまじゃくしが棲む池が作れればいいよねー」などと夫婦で話していたのですが、まさかすでにこのような大きなカエルが庭に棲息していたとは驚きです。
かえる

相棒が手に取って観察してみるとどこも傷ついていない様子。相棒いわく、「スコップで傷つけなくて良かった~」
かえる2

かえる根付け相棒の手のひらで、手を大きく拡げながらふんばっている様子がなんとも愛らしいです。
どことなく以前相棒が彫った根付「カエルの王子様」の雰囲気に似ているので可笑しくなってしまいました。根付師の相棒の作品はこちらのウェブサイトからご覧いただけます。

調べてみると、このカエルはこちらで通称Banjo Frogと呼ばれているカエルの亜種Southern Banjo Frog(Limnodynastes dumerili insularis)のようです。Banjo Frogはボンッ、ボンッというバンジョーの弦を弾かせたような鳴き声が最大の特徴。体長は6-9センチと大きく、水かきはありません。おたまじゃくしの期間が比較的長く、成体になるまで15ヶ月近くかかる場合もあるとか。ビクトリア州やタスマニア州に生息する亜種であるSouthern Banjo Frogの特徴は脇腹が青みがかっていることだそうです。
かえる3
それにしても沼地も近くにない郊外住宅地の我が庭でこれを発見できるとは感激です。激しい雨が降った後だったので出没したのだと思われます。ラッキーな遭遇でした。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ozlife.blog2.fc2.com/tb.php/291-b43c1025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 


まとめ

 

Weather

Search


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています

Flower Clock

Recent Entries

トゥルーフード・ガイド無料プレゼント中

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly Archive

Links

このブログをリンクに追加する

貧困をなくすための新しいライフスタイル

RSS


Tag

ユーカリ パーマカルチャー カマキリ 蜘蛛 ポッサム 植林 マスカット コミュニティーガーデン きのこ ミミズ カリフラワー バードフィーダー カナヘビ ヤーコン プラム チャイブ マードック バイオダイナミック ルバーブ 多肉植物 オリーブ 浜岡原発 東海大地震 ズッキーニ 温暖化防止 シャロット にんにく コオニユリ ヨタカ ニンジン ブロッコリ ジャカランダ ブラックバード  バラ シンビジューム ライトアップ こんにゃく アプリコット カモミール 

Blog Ranking

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。