ホーム
このサイトについて
サイトマップ


GARDEN NOW


メルボルン郊外の我家の庭をリアルタイムでお伝えしていくコーナーです。
その時節に咲いた花や収穫野菜などのリポートを通して、南半球の季節感を少しでも味わっていただければ幸いです。
オーガニック関連、サステイナビリティー関連のトピックスをお届けする時もあります。
平日のリポートと写真の多くは家にいる相棒の助けを借りています。


2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑化ボランティア研修


今日はFairfieldまで電車を乗り継ぎ往復4時間かけて緑化活動を行うNGO団体「Tree Project」のボランティア研修に行って来ました。

ビクトリア州の植生再生のために在来種の木や植物を植えるにはたくさんの苗が必要です。この苗を市価よりも安く調達できるようにボランティアが苗を育てるというわけです。ネイティブ・ツリーを約6ヶ月ほどベビーシッターする役を買って出たボランティアはまず最初に研修を受けて、種の蒔き方、正しい移植の仕方、トラブル対処法などを学ばなければなりません。

研修ではユーカリ、アカシア、カジュオリーナ、シーオークなど様々な樹木の栽培方法がのっているマニュアルをもらいます。どの種があたるかは育成キットの集配までのお楽しみです。

treeproject1
一通り説明を受けた後で、移植作業の練習です。木の苗の根がまっすぐになるように入念な注意を払います。もし根が巻いてしまったらどうなるかというと、植え付け後何年かは他の木と同じように問題なく育ちますが、木が繁って来た6~7年目に強風などに耐えられずに倒れてしまうそうです。
treeproject3

今まで私がやっていた鉢を立てたまま土、苗、土と入れていくやり方ではだめなんだそうです。正しいやり方は鉢に土3分の2を入れてから手でふたをして寝かせてトントンと振って底の穴が見透かせるように片面に寄せたうえで、鉢を立てて根を下までまっすぐに入れて根を挟んだもう片面に土を入れていくのだそうです。つまり縦割りに入れていくわけですが、なかなかこつがいります。
treeproject2

発芽させるのが難しい種類が多いオーストラリアのネイティブ・ツリーを種から育てるというボランティアの仕事を果たしてきちんとこなせるかちょっと心配な面もありますが、なんとか成し遂げたいなぁ・・・(今日の研修では失敗例もたくさん紹介されました)。今後このブログでもときどき経過報告していく予定です。苗を育てたり植林のボランティアに興味のあるビクトリア州在住の方は「Tree Project」のサイトをご覧下さい。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ozlife.blog2.fc2.com/tb.php/261-9766fc77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 


まとめ

 

Weather

Search


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています

Flower Clock

Recent Entries

トゥルーフード・ガイド無料プレゼント中

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly Archive

Links

このブログをリンクに追加する

貧困をなくすための新しいライフスタイル

RSS


Tag

ユーカリ パーマカルチャー カマキリ 蜘蛛 ポッサム 植林 マスカット コミュニティーガーデン きのこ ミミズ カリフラワー バードフィーダー カナヘビ ヤーコン プラム チャイブ マードック バイオダイナミック ルバーブ 多肉植物 オリーブ 浜岡原発 東海大地震 ズッキーニ 温暖化防止 シャロット にんにく コオニユリ ヨタカ ニンジン ブロッコリ ジャカランダ ブラックバード  バラ シンビジューム ライトアップ こんにゃく アプリコット カモミール 

Blog Ranking

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。