ホーム
このサイトについて
サイトマップ


GARDEN NOW


メルボルン郊外の我家の庭をリアルタイムでお伝えしていくコーナーです。
その時節に咲いた花や収穫野菜などのリポートを通して、南半球の季節感を少しでも味わっていただければ幸いです。
オーガニック関連、サステイナビリティー関連のトピックスをお届けする時もあります。
平日のリポートと写真の多くは家にいる相棒の助けを借りています。


2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の虫


秋になると我が庭のあちこちでは夜にコオロギ(Cricket)の音が大きく聞こえてくるのですが、今まで一度も姿をみたことがありませんでした。
ところがついに発見したのですよ。新しいコンポストを入れるために砂質化してしまった畑を掘り返していると変な虫がのこのこと出て来るではありませんか。
あまりのけったいな姿に驚き調べてみると「けら」の一種でした。ウィキペディアの説明にあるように私も「けら」を見ても何の虫かわからない現代人の一人でした。

コオロギ

それにしてもオーストラリアにいるけらの種類はMole Cricket(G. gryllotalpa)といって直訳するとモグラコオロギなのですが、本当にけったいな姿なのですよ。

しなやかなビロード状のまさにもぐらみたいな前脚を持っていて手でつかまえている間もずーとばたばたと宙を掻いていました。持っている間に指も噛まれてしまい、逃がしてやると一目散で土の中にもぐっていきました。けらは一般的に農作物の根を食する害虫として知られているそうですが、農薬の影響等で世界的に減少の一途を辿っているそうです。例えときどき野菜の根をつまみ食いされても(モグラ)コオロギの音が響く秋の夜の風情を楽しめる余裕があった方がずっといいなぁ。

さて、お次に発見したのは種類はわかりませんが「みのむし」です。こちらも我が庭の新顔。8年前に引っ越して来てから一度も見たことありませんでした。メルボルンにも「みのむし」がいたんですね~
みの虫

蓑はつるいんげん用のラティスにへばりついていました。しかも底の部分はあきらかにいんげんの枯葉を使っています。ということは上の部分はいんげんの茎を使ったのでしょうか?
いずれにしろ散乱した我が菜園で材料を見つけるのはたやすかったことでしょう。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ozlife.blog2.fc2.com/tb.php/239-b3c15ca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 


まとめ

 

Weather

Search


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています

Flower Clock

Recent Entries

トゥルーフード・ガイド無料プレゼント中

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly Archive

Links

このブログをリンクに追加する

貧困をなくすための新しいライフスタイル

RSS


Tag

ユーカリ パーマカルチャー カマキリ 蜘蛛 ポッサム 植林 マスカット コミュニティーガーデン きのこ ミミズ カリフラワー バードフィーダー カナヘビ ヤーコン プラム チャイブ マードック バイオダイナミック ルバーブ 多肉植物 オリーブ 浜岡原発 東海大地震 ズッキーニ 温暖化防止 シャロット にんにく コオニユリ ヨタカ ニンジン ブロッコリ ジャカランダ ブラックバード  バラ シンビジューム ライトアップ こんにゃく アプリコット カモミール 

Blog Ranking

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。