ホーム
このサイトについて
サイトマップ


GARDEN NOW


メルボルン郊外の我家の庭をリアルタイムでお伝えしていくコーナーです。
その時節に咲いた花や収穫野菜などのリポートを通して、南半球の季節感を少しでも味わっていただければ幸いです。
オーガニック関連、サステイナビリティー関連のトピックスをお届けする時もあります。
平日のリポートと写真の多くは家にいる相棒の助けを借りています。


2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫といっしょに庭づくり

シェアブログ1172に投稿

日本オーガニックガーデン協会の創立者である曳地トシ・曳地義治ご夫妻がまたまた素敵な本を4月に出版されました。その名も「虫といっしょに庭づくり―オーガニック・ガーデン・ハンドブック」。

オーガニック・ガーデニングを実践するのに欠かせないことはまず庭の虫達のことを知ること。
私も虫とうまくつきあいながら無農薬家庭菜園をつくっていくために虫の観察を続け、今では趣味の一部になってきたような感があります。今まで図書館から昆虫図鑑などをたくさん借りてきたしインターネットでもずいぶん調べました。
そこでつくづく思ったのはオーガニック・ガーデニングをする人達に必要な虫情報がまとめられた資料がとても少ないということです。
たいていは子供向けの学習用、昆虫マニアや研究者向けのアカデミック資料、化学殺虫剤を使用する慣行農業向けの害虫駆除情報のどれかにぶちあたるのですが、オーガニック・ガーデニングを志すものにとってはオビに短しタスキに長しで、必要情報を得るのにとても時間がかかっていました。

この本は、そんなオーガニック・ガーデナーの悩みを一気に解決してくれる画期的な本です。今までこのような本がなかったので、よっぽど自分のHPで作ろうかと思った程でしたが、曳地さんのすばらしい力作のおかげでその必要がなくなりました~。

◆この虫は庭でどんな働きをしているのか知りたい
◆卵・幼虫・蛹・成虫のどれを見ても何の虫かぱっと識別出来るようになりたい
◆殺虫剤に頼らない病虫害対策法を知りたい

このような方にぜひお薦めしたい本です。カラー写真もたくさんで情報量も多いので、買って絶対損はないですよ。庭でよくみかけるような虫がほぼ網羅されています(145種分!)。写真の質がすばらしく、虫を敬遠していた人でも読後はきっと虫への愛着がわいてくることでしょう。



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ozlife.blog2.fc2.com/tb.php/232-e6a8e866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 


まとめ

 

Weather

Search


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています

Flower Clock

Recent Entries

トゥルーフード・ガイド無料プレゼント中

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly Archive

Links

このブログをリンクに追加する

貧困をなくすための新しいライフスタイル

RSS


Tag

ユーカリ パーマカルチャー カマキリ 蜘蛛 ポッサム 植林 マスカット コミュニティーガーデン きのこ ミミズ カリフラワー バードフィーダー カナヘビ ヤーコン プラム チャイブ マードック バイオダイナミック ルバーブ 多肉植物 オリーブ 浜岡原発 東海大地震 ズッキーニ 温暖化防止 シャロット にんにく コオニユリ ヨタカ ニンジン ブロッコリ ジャカランダ ブラックバード  バラ シンビジューム ライトアップ こんにゃく アプリコット カモミール 

Blog Ranking

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。