ホーム
このサイトについて
サイトマップ


GARDEN NOW


メルボルン郊外の我家の庭をリアルタイムでお伝えしていくコーナーです。
その時節に咲いた花や収穫野菜などのリポートを通して、南半球の季節感を少しでも味わっていただければ幸いです。
オーガニック関連、サステイナビリティー関連のトピックスをお届けする時もあります。
平日のリポートと写真の多くは家にいる相棒の助けを借りています。


2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい家族



今日、庭に新しい仲間が加わりました。月曜日のパーマカルチャーミーティングで、サセックス種のニワトリを知人から譲り受けた人が、自分の庭では長くは飼えないということで新しいオーナーを探していたのです。

空いている鶏小屋もあるし、大型のサセックス種であればタマラがちょっかい出すこともないだろうと、相棒を説得して引き受けることにしました。


シルキーが逝ってから8年の月日を経て蜘蛛の巣だらけになっていた鶏小屋を掃除したら、どよーんと淀んでいた空間に新しい気が流れてきました。



スポンサーサイト

カナヘビの赤ちゃん


相棒が家の玄関前でクモの巣に引っかかって身動きできなくなっていたカナヘビ(skink)の赤ちゃんを発見、救助しました。
かなへび赤ちゃん1
それにしてもカナヘビまで捕えてしまうクモの糸ってすごい。たしかにこのカナヘビの赤ちゃんは体長3センチくらいで、トンボや蝶よりも小さいくらいですから動けなくなるのもわかります。
かなへび赤ちゃん2
クモの糸を取り除いて救助したカナヘビの赤ちゃんは尻尾の先端が切れて短くなっていましたが、元気に逃げて行きました。
ちなみに成体になると下の写真のようになります。
カナヘビ成体
相棒は先日もカナヘビの別の赤ちゃんを見たそうで明らかに我が家の庭で繁殖している模様。今度はぜひ卵とか孵化するところとか見てみたいものです。

トカゲガーデンの来客



毎月最終土曜日はコミュニティーガーデンの共同作業日(Working Bee)です。メンバーで芝刈りや雑草抜きをしていると、誰かが「トカゲガーデン」の木を見上げて珍客が来ているのに気付きました。
Groundswell Community Garden 3

なんと木の上にいたのはTawny Frogmouth (オーストラリアガマグチヨタカ)。しかも4羽も揃って!
さっそく携帯を取り出して写真を撮ったのですが、ピンぼけになってしまったので、夕方に一眼レフを持参して再度来てみたら幸いまだ同じ場所にいました。ちょうど夕日が背景になってしまい最悪の条件でしたが根性で撮りました。
ヨタカ2

ガマグチヨタカ達はまだ眠りから完全に醒めていない状態でほとんど動きませんでしたが、そのうちの一羽はあくびをしたり、
ヨタカ4

私達を警戒してこちらをにらみながらヒーッと低音で鳴いて威嚇したり、
ヨタカ

羽を伸ばしてそろそろ起きる準備をしたりと一番シャッターチャンスを作ってくれました。
ヨタカ5

他の三羽はまだひたすら眠そうでした。
ヨタカ3

前回の作業日ではカナヘビが棲息しているのを発見していたので、エサに惹かれてガマグチヨタカが来るようになったのでしょう。名前に違わぬ「トカゲガーデン」の豊かさに感動したのでした。


カエルの王子様



前庭のフェンスの朽ちかけた部分を取り替えるため相棒がスコップで穴を掘っていたところ、なんと大きなカエルを掘り起こしてしまいました。「うちの庭にもカエルがいるといいよねー、おたまじゃくしが棲む池が作れればいいよねー」などと夫婦で話していたのですが、まさかすでにこのような大きなカエルが庭に棲息していたとは驚きです。
かえる

相棒が手に取って観察してみるとどこも傷ついていない様子。相棒いわく、「スコップで傷つけなくて良かった~」
かえる2

かえる根付け相棒の手のひらで、手を大きく拡げながらふんばっている様子がなんとも愛らしいです。
どことなく以前相棒が彫った根付「カエルの王子様」の雰囲気に似ているので可笑しくなってしまいました。根付師の相棒の作品はこちらのウェブサイトからご覧いただけます。

調べてみると、このカエルはこちらで通称Banjo Frogと呼ばれているカエルの亜種Southern Banjo Frog(Limnodynastes dumerili insularis)のようです。Banjo Frogはボンッ、ボンッというバンジョーの弦を弾かせたような鳴き声が最大の特徴。体長は6-9センチと大きく、水かきはありません。おたまじゃくしの期間が比較的長く、成体になるまで15ヶ月近くかかる場合もあるとか。ビクトリア州やタスマニア州に生息する亜種であるSouthern Banjo Frogの特徴は脇腹が青みがかっていることだそうです。
かえる3
それにしても沼地も近くにない郊外住宅地の我が庭でこれを発見できるとは感激です。激しい雨が降った後だったので出没したのだと思われます。ラッキーな遭遇でした。

ロゼラ来訪パート2


今日は春らしい良いお天気だったので、裏庭のパティオに出て庭を眺めながらランチをとっていたらロゼラがやってきてアーチにとまりました。

ロゼラとロケット
何やってんのかな、と思ったらルッコラのタネを食べていました。このあいだペストにしたりして楽しんだ後で、タネ用に一株だけ残して全部処分したばかりだったのですが、ロゼラが食べに来ることを知っていれば処分せずにもっと残しておいてあげれば良かったなぁ。
ロゼラとロケット2
さて、冬によく育ち夏には枯れてしまうルッコラ(英名ではロケット)に替わって芽を吹き出して来たのはワイルドロケットです。こちらはワイルドなだけあってものすごいタフ。灼熱の太陽のもとレタスがとれない時期にも元気旺盛なのでたいへん重宝します。普通のロケットの葉よりも切れ目が深く味も濃厚です。
ワイルドロケット


ロゼラ来訪


寒くてガーデニングが億劫な冬の楽しみと言えば野鳥観察です。
以前カノコバトのつがいも来てたお手製のバードフィーダーにイースタン・ロゼラの親子がエサを求めてやってきました。

rosella on feeder2
バードフィーダーはこのようにキッチンの窓から見えるところに吊るしています。左側が若鳥です。下の写真は若鳥が一羽で止まっているところ。目の周りや頭頂部などまだ斑が残っているのが若鳥の証拠です。
rosella on feeder
バードフィーダーのあるキッチン裏からパティオにつながる空間はプラスチックシートの屋根で覆われていて、雨の日は格好の雨宿り場所です。
こちらはパティオのキウイに止まって雨宿りしているロゼラの親です。実はこの場所は裏口の真ん前。裏口脇の小窓越しに撮りました。
rosella on kiwi
暗い、寒い、じめじめと3拍子そろったメルボルンの冬の日にもそれなりの楽しみがあるのです。


ポッサム侵入


相棒のアトリエがほぼ建て終わり、あとは電気配線やペンキ塗りなどが残っています。
ただし窓ガラスの一つがサイズがあわず再注文するはめになってしまいました。屋根の下の三角窓のガラスです。

スタジオ
こんなところが開いたままだとポッサムが入って来て棲みついちゃったりして・・・なんて思っていたら現実になってしまいました。
ポッサム@スタジオ3
ある日、大工さんと相棒が仕事をしているとブラッシュテイル・ポッサムが屋根裏のコーナーに丸まって毛玉のようになって寝ているではありませんか。(写真ちょっとボケてますが・・・)
ポッサム@スタジオ
気の毒ですが立ち退いてもらうことに・・・
ポッサム@スタジオ2
せっかくいい寝床見つけたのになー・・と立ち去るのが惜しそうなポッサム君でした。


水を得た金魚


池の睡蓮があまりにも増えて混みすぎたので少し処分することにしました。
金魚の通り道がなくなるほど窮屈になっていたのです。
睡蓮の入った鉢を池底から引揚げるにも鉢から四方にはみ出した太い根茎が重くて大変でした。腰を痛めないように気を遣いながら三鉢を池から出すと水面が随分すっきりしました。
金魚も悠々と泳げるようになりものすごいスピードでいったりきたりしています。

池の金魚達
ところでこのあいだ家に遊びに来た友人に「こんなに金魚いるの?気持ち悪いよー。どうにかしたらー?」と言われてしまいました。
数え切れませんが多分80匹は下らないでしょう。確かに多いですが気持ち悪いかな~?


ポッサムの親子


カタツムリ&ナメクジ退治のために暇さえあれば夜警を続ける私にポッサム親子もすっかり馴れてしまっているようで、たいした警戒心も見せずにマイペースで庭木の若芽を食いちぎっています。

ポッサム親子

ポッサムの赤ちゃんをおんぶして塀や木の上を移動して行く姿が実に可愛らしいのですが、庭木の被害は甚大だったりします。


庭の除草屋さん


冬になって雨が続いてくれているおかげで芝生に緑が戻ってきました。といっても芝生というよりは苔とクローバーと雑草のじゅうたんという方が正しいです。
しかし、雑草だって楽しみをもたらしてくれるのですよ。
ちょうどスズメノカタビラがタネをつけてますますはびこりそーな予感の時にタイミング良くナナクサインコ(Rainbow Lorikeet)が舞い降りて来たんですねー。

ナナクサインコ

おいしそうに雑草のタネを食べてます。すばらしい!勝手に除草手伝ってくれてます。
DSCF4486.jpg

しかも除草剤使った雑草のない芝生だったらこんなひと時の楽しみもなかったわけで・・・。
またひとつ庭仕事の手抜き正当化の理由が増えました。


 | HOME |  »


まとめ

 

Weather

Search


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています

Flower Clock

Recent Entries

トゥルーフード・ガイド無料プレゼント中

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly Archive

Links

このブログをリンクに追加する

貧困をなくすための新しいライフスタイル

RSS


Tag

ユーカリ パーマカルチャー カマキリ 蜘蛛 ポッサム 植林 マスカット コミュニティーガーデン きのこ ミミズ カリフラワー バードフィーダー カナヘビ ヤーコン プラム チャイブ マードック バイオダイナミック ルバーブ 多肉植物 オリーブ 浜岡原発 東海大地震 ズッキーニ 温暖化防止 シャロット にんにく コオニユリ ヨタカ ニンジン ブロッコリ ジャカランダ ブラックバード  バラ シンビジューム ライトアップ こんにゃく アプリコット カモミール 

Blog Ranking

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。